2013/02/08開始
創作BL小説
はじめに/更新履歴


ご注意ください。

ここは私「にわ」の創作文章を置いているブログです。

男性同士が愛し合う、同性愛がメインテーマです。
直接的な過激描写はない(つもり)ですが、作風としては15歳以上の方推奨です。
全てよくあるオリジナル設定。
ここに書かれているものは脳内の妄想であり、実在の人物、場所、施設、商品等とは一切関係ありません。
法律や歴史的事実を捏造している場合がございます。
苦手な方はブラウザバックかクローズしていただいたほうが、お互い、より幸せかと思われます。

なんとなく書いてます。
自分が楽しむために書いています。

著作権はすべて私「にわ」が有します。

いつか誰かに気に入ってもらえると嬉しいです。

追記
ご来訪のみなさま、拍手、そしてコメントをくださるみなさまに心より感謝申し上げます。
自己満足なブログサイトですが、楽しんでいただいたそのお気持ちが創作・更新へ至る力につながっております。
作品、キャラクター、ストーリーの構成、描写、更新頻度等、執筆内容に関して個別のリクエストやご要望は一切受け付けておりませんが、アンケートという形でみなさまのご意見を参照させていただきます。
色々な意味で物足りなさを感じられる場合もあるかもしれませんが、それが私の書く作品あり、あくまで100%趣味の、自己満足のための執筆活動ということで、どうぞご理解くださいませ。
自由気ままな作品群の中より、ひとつでもお気に召すものがあれば幸いです。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。(にわ)



>>>小説もくじ

>>>第4回お好きな「攻」アンケート


【更新履歴】

2017.06.05 拍手コメントへの返信

2017.06.05 ミニマム番外編『好きだから、仕方ないよね。』

2017.03.19 羊のオヴロ第二十四話『スピーア』

2017.02.25 拍手コメントへの返信

2017.02.16 読み切り短編『続・バカと恋仲』

2017.02.08 四周年記念SS『ニイテンハチノニ』

2016.01.30 ごあいさつと第三回アンケートまとめ

2017.01.26 第三回アンケート受付終了。ご協力ありがとうございました。

2016.11.06 栗原くんの恋人『唇と罰』更新





【参加中同盟・サーチ・ランキング】
senka.jpg
創作♂専科


b2.jpg

BL図書SEACH

女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK
B-LOVERs★LINK 
 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

ランキングに参加しています。気が向いたらクリックしていただけると嬉しいです。


【リンクについて】

リンクフリーです。報告不要です。
http://niitenhachi.jugem.jp/

2.8naga.jpg200*40




  [拍手を送る]

はじめに : comments(0) : - : にわ :
拍手コメントへの返信

 

拍手ページへいただいたコメントへの返信です

 

続きを読む >>
拍手コメントへの返信 : comments(0) : - : にわ :
小説総合もくじ

>>2.8_好きな「攻」キャラクターアンケート

集計結果やコメントは今後の創作の参考にさせていただくことがございます。

 



読み切り短編
↑クリックで目次へ。気まぐれに更新。



<以下連載もの。タイトルクリックで作品別目次へ。>

『栗原くんの恋人
社会人。後輩×先輩。マイペースなゆったり恋愛風景。

『青春コロリ』
不器用な高校生カップルの青い春。
【本編全十二話完結】

『ミニマム』NEW
美しい生徒と若年教師の不可解な交流。
【本編全十五話完結】

『羊のオヴロ』 
御曹司不良後輩と奇人転校生。

『落城びより』
天才ボクサーとセコンド。
【本編全十三頁完結】

『タクミトセノ』
元後輩、元先輩

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村
小説(BL) ブログランキング
FC2 Blog Ranking


  [*拍手を送る*]

もくじ : comments(4) : - : にわ :
ミニマム_もくじ


◆人物紹介◆


プロローグ

第一話『先生。』

第二話『生徒ですけど何か。』

第三話『ばかだなぁ。』

第四話『殺したくなってくる。』

第五話『痛いよ。』

第六話『でも、美味しい。』

第七話『召し上がれ。』

第八話『連れて行ってあげる。』

第九話『いじわる。』

第十話『笑っちゃうくらい最低だ。』

第十一話『自分でもそう思う。』

第十二話『死ねばいいのに。』

第十三話『忘れないで。』

第十四話『夢みたいだ。』

第十五話『先生、さようなら。』

エピローグ


番外編『先生、ごめんなさい。』

 

番外編『好きだから、仕方ないよね。』new
 

 


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村
小説(BL) ブログランキング
FC2 Blog Ranking

 

 


総合目次へ

もくじ : comments(0) : - : にわ :
ミニマム_番外編『好きだから、仕方ないよね。』

 

 スマートフォンのアラームが耳元に響き、目を開ける。カーテンの隙間から差し込む光を頼りにディスプレイに表示されるデジタルの数字を睨み、空腹の度合いを確かめてから両手で自ら顔面の皮膚を押し上げて覚醒を促した。布団を押しのけてベッドから足を降ろすとかかとが放置されていたリモコンのボタンを押しこみテレビの電源が点いた。
カーテンを開け、顔を洗って眼鏡を装着し髭を剃る。ケルヒャーのケトルに水を注ぎ、ボタンを押し込んでから玄関扉のポストに差し込まれた新聞紙を引き抜き、ソファに腰かけ広げる。NHKのニュースをBGMにインクが染みた紙を捲り、政治家のスキャンダルに眉根を寄せながら煙草に火を点け、一面を読み終えるまで貧乏ゆすりを続けた。
やがてケトルが「カタン」と無機質な音で鳴いたことを確認すると、インスタントコーヒーの顆粒を落とした使い古しのマグカップに熱湯を注ぎ、薄切りの食パンにマーガリンを塗り付けた。
二口目にかぶりつこうとしたその時、よく知る名前が聞こえて顔を上げた。テレビ画面に映し出されていたのは耳からの情報を文字として表した『樋浦木修一』そのもので、来日している他国の経済産業省長官が樋浦木財閥総帥と会食したというニュースの一遍だった。
目を疑ってベッドの枕元からスマホを拾い上げラインアプリを起動する。小牧からのメッセージは毎日休むことなく送られてきていて、昨日も当然、普段通りの執拗で粘着質な言葉の羅列が丸みのある吹き出し型の枠内に並べられていた。
『東京は今日もいい天気だから先生と散歩に出かけたい気分』
『そんな寒いところであんな安アパートに住んでるなんて信じられない。こっちで一緒に住もう』
『今日も愛してる』
『会いたいな。先生のことばっかり考えてる』
夢見がちな少年よろしく、カラフルな絵文字を駆使しながら繰り広げられる、むずがゆく、時にうすら寒いくらいのメッセージの中に、外国のエライ人と会食したよ、などという話のかけらすら無い。テレビの向こう側でカメラのフラッシュを浴びながら黒塗りの外車から降りて都内の高級ホテルへ入っていくすました顔の青年が手元に連日届くメッセージの送り主であるとどうすれば信じられようか。


かつての教え子である小牧修一は、数年前から「樋浦木」という苗字を名乗り、この国の経済の中枢と言われる樋浦木財閥の総帥の座に異例の若さで就いた。それがどれだけすごいことかは俺なりに理解しているつもりではいたが、こうして全国ニュースになるところを目の当たりにするたびに改めて自分とは違う次元で生業をこなしているのだと思い知らされる。
元教師として純粋に小牧の出世を応援してやりたい気持ちはあるが、あいつと元教師と元生徒以上の関係を築き始めてしまっている俺にはそれ以外の感情も生まれてしまう。

 

――話は逸れるが小牧の使っているアイコンは俺の眼鏡を無断で拝借した装着し、プロカメラマンに撮影させた宣材写真だ。あいつに言わせれば「小渕先生と俺との合体画像だよ」らしいが、どうしたらそのような暴論を唱えられるのか理解出来ない。――


ワイシャツの袖に腕を通してボタンを留めていると、インターホンが鳴った。出勤前の来客は珍しいが、以前小牧が午前五時に訪れたことがある。家にも職場にも連絡なしに来るのはやめろと散々言い聞かせているのにいつもアポなしで出現する上、あいつの場合ひどく目立つのでそのたびに振り回される。
ため息をつきながら鍵を開けてドアを開けると、そこに立っていたのは歯磨き粉のCMのような笑顔で土産を掲げる小牧、ではなく、仏頂面でこちらを睨みつける小牧の秘書だった。

「おはようございます。朝早く申し訳ありません」
「あ、はあ、おはようございます・・・」

 小牧、いや、樋浦木修一総帥第一秘書である中津(なかつ)さんは、身長190センチはあろうかという長身の中年で、顔もかなり強面だ。秘書よりもSPの方がしっくりくるような出で立ちだが、あのひねくれものをさらにこねくりまわしてひん曲げたような小牧が最も信頼していると言ってもいい存在で、彼がいなければ樋浦木財閥のトップとして君臨し続けることはかなり困難を極めただろうと推察される。そんな小牧の腹心が、なぜ一人でここへ、それもこんな早朝に訪れたのか。
俺は嫌な予感に顔を引きつらせながら、「なんでしょう」と用件を尋ねた。

「総帥がこちらにお邪魔していないかと思い、参りました。」
「は!?」
「どうやら見当違いだったようです。お騒がせして申し訳ありません。」

 電話で確かめないあたり、俺が匿うことを疑って直接来たようだが、こちらのリアクションで俺が関与していないことを確信したらしい。絶妙な角度で頭を下げて立ち去ろうとする中津さんを「ちょ、ちょっと待ってください!」と呼び止めた。
「あいつ、行方不明なんですか」
中津さんは数秒逡巡した様子で立ち止まり、やがて俺の目を見て説明を始めた。
「・・・昨晩から、仕事先のホテルより忽然と消え失せました。あの方が行方をくらませて自由に行動なさる事自体は珍しくないですし、仕事には穴を空けないのである程度黙認しておりますが、今回は音信不通の状態で急な重要スケジュールが入ってしまった為、どうしても夕方までに身元を確保しなければならないのです。現在執務室総出で捜索している状況です。恐れ入りますが消息がつきましたら中津までご連絡いただけますでしょうか。」

 小牧が何人か秘書を抱えていることは聞いていたが、俺との関係を知っているのは多分中津さんだけだ。だから第一秘書直々にここへやってきたのだろう。

「わかりました。俺からも連絡してみます。」
「ご協力感謝いたします。お忙しい時間に申し訳ありません。他に回る場所がありますので、これにて失礼いたします。」

 ピンと伸びた背中がアパートの階段を下りていくのを見送り、扉を閉めた。慌てる様子はなかったが、こんな時間にわざわざこちらまで足を伸ばすくらいだからよほどの事態なのだろう。

 それにしてもあの野郎、アポなし常習だけでなく身内にも連絡なしに自由行動しまくってるとは、大財閥の総帥としてあるまじき行動だろ。部下に迷惑かけ続けてると反感買ってクーデター起こされたりとか、いろいろ危ないんじゃねぇのか。
眉間に皺を寄せながらスマートフォンで小牧の電話番号を表示し、コールを聞く。
『―おかけになった電話番号は、電波の届かないところにいるか、電源が入っていないため、通話することができません―』
丁寧かつ無慈悲なアナウンスを聞き流し、通話修了のアイコンをタップした。

 昨日の夜、あいつはいつものようにメッセージを送ってきた。

『会いたいな。先生のことばかり考えてる』

『先生は?』

『先生は俺に会いたい?』

 その質問に俺は答えず、いつものように『はやく寝ろ』とだけ返した。俺が書き込んだメッセージの横に既読の文字が張り付き、それ以降のやり取りはない。
まさか、そんなことで拗ねたのか?会いたいとか、愛してるとか、一緒にいたいと言っていたくせに、あいつが行方をくらませた先はここじゃなかった。俺のところじゃなかった。

「・・・はは。束縛彼女か、俺は。」

 バカみたいに狭い了見で湧き上がる不穏な感情を笑い飛ばし、小牧から趣味が悪いと笑われたネクタイを襟に巻いた。

 

 

 夜学を終えて確認したスマートフォンに、留守番電話が一件入っていた。中津さんから、「今朝の件、無事解決いたしました」というシンプルな報告と「お騒がせしました」という謝罪の言葉だった。しかし小牧からの着信はなく、俺が今朝送った「今何してんの?」というメッセージにも既読はついているものの返事はなかった。

 結局、俺には樋浦木修一行方不明事件の真相がわからないまま、そして小牧からの連絡もないまま、それから一カ月ほど過ぎようとしていた。

 毎日のように来ていたあいつからの連絡が途絶えても、俺は定時制高校の教師として昼夜働いていたし、樋浦木財閥は総帥の機微なリーダーシップにより経済を回していた。つまりあいつも俺も健在で、日常も、世界も問題なく営まれていた。

かつてあいつは俺の事を「なくてはならないもの」だと言った。しかし今、俺達は一切の接触がないまま日々を過ごすことに成功している。だったらいっそリスクだらけの関係は白紙に戻し、今後も互いに関わることなく、それぞれの世界で生きていくべきであり、すでにそうしていることを受け入れる時がきたのではないだろうか。


そんなことを考えていた矢先、あいつが現れた。ニコニコと眩しい清涼飲料水のCMのような笑顔で、イタリアのベネチアあたりに打ってそうな金ぴかの仮面を手に持って、俺のアパートの玄関先に立っていた。夜中の十二時に。

「チャオ!」
「叫ぶな馬鹿っ」

 大声で歌いだしそうなほど上機嫌な小牧の腕を引っ張って部屋の中へ引きずり込み扉を閉めた。白い胸ポケット付きのTシャツに黒縁の眼鏡をひっかけ、ジーパンにスリッポンというラフなスタイルだ。綺麗に焼けした肌にくすみはなく、袖から覗く二の腕にも下手な日焼け跡がない。

「アポなしはやめろって何度言ったらわかるんだ、お前は!」
「だって連絡してもしなくても、同じだもん。俺は先生に会いたいから来るの。会えなかったら会えるまで会いに来る。それだけなんだから。どうしてわざわざ予告する必要があるの?」
「だ、・・・こっちだって、いろいろ考えるだろが!準備とか、用事とか」
「どうでもいいよ。おもてなししてもらいたいなんて思ってないし。会えれば運命、会えなくても運命。それより大事なのは、先生が、俺を受け入れてくれてることだけ。・・・先生。会いたかった。もっとちゃんと顔見せて」

 腰に手を回してくる胸を押しのけて、「何が運命だこの野郎!一カ月無視しときながら都合いいこと言ってんな!俺は港じゃねぇんだぞ!抱き枕探すならIKEAにでもニトリにでも何でも行きやがれ!!」と罵ると、小牧は驚いた顔で俺を見つめた。

「・・・先生」
「な、なんだよ」
「・・・寂しがってくれてたの?」
「は?」

 突然体を抱きかかえられて、唇に濃厚なキスを食らった。呼吸こんなになりそうなくらい舌を深く突っ込まれて、生命の危機から殴り飛ばす勢いで押しのけると、小牧は肩で息をしながらも恍惚とした表情で俺を見つめて「うれしい・・・」と呟いた。

「先生、俺がずっと連絡しなかったから、不安だった?寂しかった?怖かった?」
「いや、あの・・・」
「俺ね、本当に先生に会いたかったんだよ。電話もしたかったし、ラインでもメールでもなんでも、先生とつながってたかった。でもふと気づいたんだ。そんなことしなくても、俺と先生は一つなんだから、関係ないって。距離も離れてるし、言葉も交わせないけど、俺達はつながってるから。だから全然、問題ない。そうでしょ?・・・でも、やっぱり寂しかった。だって、これだけだと、先生の体温も感じられないし、声も聞こえない。肌と髪の感触だって」

 そう言って小牧は自ら胸元のポケットに指を持っていき、黒縁の眼鏡を取り出して蔓を口に咥えた。

「・・・それ、俺の眼鏡じゃねぇか!!!てめぇ、取り返したと思ってたのに、こっちは複製だったのか!」
「だってこれがあれば俺達いつでも一緒でしょう」
「眼鏡は俺のツールであってパーツではない!!てかパーツであったとしてもその理屈はない!!お前マジで頭おかしいな!?知ってたけど!!」
「先生、やっぱり一緒に暮らそう?このまま東京に行こう?」
「絶対嫌だ!お前そのうち俺のこと喰いたいとか言いだしそうで怖いんだよ!ていうかすでに何回か言われてるよ!!!」
「だって好きだから、仕方ないよね」

 肩をすくめる小牧に返す言葉もなく、俺はその場にへたり込んだ。

「ごめんね、先生。俺だけ先生の一部を持って行って、先生に何も残さなかったのはとても不公平だったよね。先生も俺の腕ひとつでも持っていれば、一カ月やり過ごせたと思うんだ」
「それは全力で否定させてもらう」
「先生・・・俺、今はちゃんとここにいるから、触っていいよ。ね。だから俺にも触らせて」

 

 小牧の甘い声が耳をざらりと撫でる。体中が粟立ち、力が抜ける。動悸がする。

 

「先生・・・俺さ、おかしいんだ。先生なしで、どうやってここまでやってこれたのかわかんない。全然、わかんないんだ・・・」

 

 なぜ俺はこの声なしに、この温度なしに今日まで生きてこられたのだろう。そして、今日からどうやって生きて行けばいいのだろう。


わからない。わかりたくもないのだ。

 


 

[*拍手を送る*]

 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村
小説(BL) ブログランキング
FC2 Blog Ranking

 

 

ミニマム : comments(0) : - : にわ :